ようこそ! 「ゴルフウエアのマナー」へ
ポータルトップ >  ホーム >  アイテム  > ゴルフグローブの種類と選び方


ゴルフグローブの種類と選び方

スポンサードリンク

アドセンス

ゴルフウエア(ウェア)やゴルフシューズ、グローブなど、ゴルフは身に着けるアイテムもいろいろなものが必要となります。

ゴルフグローブも色々な種類があります。

一般的に言われているゴルフグローブの選び方は、手の小指の付け根から1センチほど下の部分の手のひらの周囲を計測し、その長さに1センチくらいプラスしたサイズがよいといわれています。

ただし、手の大きさには個人差がありますし、各メーカーごとによってゴルフグローブの作りにも違いがありますので、試着して買ったほうが間違いがないと思います。
ゴルフグローブは使用するにつれ、伸びて大きくなってしまいますので、若干きつめに感じるグローブを購入するのがよいでしょう。

グローブの素材は本皮製のものと合皮製のものが主流となっています。
本皮製のグローブは薄く、柔らかいために伸縮性が高く、手になじみやすくなっています。吸湿性にも優れているのですが、雨や大量の汗など、多くの水分を吸収すると、乾いたときに硬くなってしまうのが難点です。
合皮製のグローブは、汚れに強いなど耐久性が高く、本皮製に比べると安価なことが特徴となります。
初心者でしたらまずは、合皮製のものから選ぶとよいのではないでしょうか。

以前は、白や黒といったシックな色合いのものがほとんどでしたが、最近では女性向けにピンクなど、カラフルなカラーのものが出てきていますので、ゴルフウエア(ウェア)とコーディネートしやすい色を選ぶというのもよいかもしれませんね。

スポンサードリンク

アドセンス